トヨタ自動車快勝 茂野 感謝の思い胸に4トライを演出

[ 2018年9月9日 05:30 ]

 5試合が行われ、トヨタ自動車はNECに29―5で今季初勝利を収め、勝ち点6とした。昨季NECからトヨタ自動車に移籍も、移籍承諾書が発行されずに1シーズンを棒に振ったSH茂野海人(27)が先発。古巣に対して恩返しの活躍を見せた。4季ぶり優勝を目指すパナソニックやヤマハ発動機などが開幕2連勝とした。

 感謝の思いをプレーに込めた。茂野は後半29分に交代するまでFWとバックスをコントロール。テンポのいい球出しで4トライを演出するなど、今季初勝利の陰の立役者となった。本人は「全然駄目。僕の判断も、もっと改善しないと」と反省も、ジェイク・ホワイト監督は「いろんな感情があったと思うが、プレーで見せてくれた」と称えた。試合後はバックスタンドのNECファンの前で一礼し、在籍時代の支援に感謝。「お世話になった思いを込めた。名前も呼んでもらえた」とわだかまりもない様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース