錦織、全米Vの大坂なおみは「誇り」 絵文字31連発で祝福

[ 2018年9月9日 08:03 ]

表彰式でセリーナ(右)から祝福される大坂(AP)
Photo By AP

 テニスの全米オープンは8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20=日清食品)が元世界1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。6―2、6―4のストレート勝ちを収め、日本選手として初の4大大会制覇を果たした。

 前日の男子シングルス準決勝で惜しくも敗れた錦織圭(28=日清食品)は試合後に自身のツイッターを更新。大量31個の絵文字で興奮を表した上で、大坂のセレモニーの動画を引用し、「proud」と短く祝福した。

 錦織は前日、海外メディアに大坂への助言を求められ、「昨日の試合も見ていたけど、信じられないようなテニスをしている。セリーナに対してもチャンスはある。きっとついていけると思う」とコメントしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース