八角理理事長 稀勢の里に「優勝争いに絡まないと」

[ 2018年9月9日 20:00 ]

大相撲秋場所初日 ( 2018年9月9日    両国国技館 )

<大相撲秋場所初日>勢(右)を寄り切り初日白星発進の稀勢の里(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 注目の初日を白星発進した稀勢の里。場所前の稽古総見では、不安を感じさせていただけに、役員室で見守った八角理事長(元横綱・北勝海)は「(立ち合いですぐに)左を差せたからね。焦り?それはなかったよね。向こうが動いて挽回しようとしたけど、足がついていった。流れが良かった。(稽古総見の時とは)全然違う」と評価した。それでも、これで気持ちが楽になるか?と聞かれると「(15日間)長いからね。本人は安心していない」と話した。

 館内での稀勢の里への声援はひと際大きく、人気の高さがうかがえる。理事長として15日間取り切ってもらいたい気持ちか?と問われると「横綱がそれじゃいかんでしょう。優勝争いに絡まないと」と奮起を期待していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース