多田 100Mは10秒36で3位「今季は一度忘れ、冬季練習で鍛え直したい」

[ 2018年9月9日 05:30 ]

 陸上の日本学生対校選手権第3日は8日、川崎・等々力陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝でジャカルタ・アジア大会男子400メートルリレー金メダルの多田修平(22=関学大)は10秒36(向かい風1・4メートル)で3位に終わった。

 さばさばした表情で「今季は一度忘れ、冬季練習で鍛え直したい」と語った。昨年は追い風参考ながら9秒94をマークし、スター候補に躍り出たが、今季は「試合が嫌になる気持ちもあった」というほどの不振。「悔しいがこれが今の力。スランプはこれからに生きてくる」と前を向いた。来月の福井国体には大阪代表として出場予定という。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース