松山英樹 7位後退も「3アンダーはすごくよかった」

[ 2018年9月9日 09:04 ]

米男子ゴルフ BMW選手権第3R ( 2018年9月8日    ペンシルベニア州ニュータウンスクエア アロニミンクGC(パー70) )

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は8日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で第3ラウンドが行われ、3位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギーの67と伸ばしたが、通算13アンダーの197で7位に後退した。首位とは4打差。

 ジャスティン・ローズ(英国)が64をマークし、通算17アンダーでトップに立った。1打差の2位にロリー・マキロイ(英国)とザンダー・シャウフェレ(米国)。66のタイガー・ウッズ(米国)は12アンダーで11位。

 悪天候のため、約3時間半遅れで行われた。

 ▼松山英樹の話 ショットはフェアウエーにいって、グリーンにもほぼ乗ったけど、いまいちぴたっとこなかった。その中でも3アンダーはすごくよかったと思う。最終日もしっかりチャンスが来るのを待って、プレーしたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース