発売!?大坂なおみバージョンカップヌードル 歓喜の日清食品「前向きに検討」

[ 2018年9月10日 05:00 ]

試合後、セリーナ・ウィリアムズ(左)とハグする大坂なおみは感無量の表情(AP)
Photo By AP

 日本勢としてテニス4大大会を初制覇した大坂なおみ(20)の快挙に、所属する日清食品が歓喜に沸いた。

 東京都新宿区の本社では、早朝からグループ社員有志約150人が声援を送った。大坂がポイントを奪うたびにスティックバルーンを叩いて大喜び。優勝の瞬間には紙テープが舞い「なおみ!なおみ!」の大合唱。「おめでとう!」「大坂半端ねえ〜!」と祝福の声が上がった。

 最前列で優勝を見届けた同社ホールディングス(HD)の安藤宏基社長は「いやあ、半端じゃない。世界に食ってかかってくれた」と称賛。優勝記念の企画や新商品について「これから考えたい」と笑顔で話した。

 2014年には、同社所属の錦織圭(28)が全米オープンで日本人初の準優勝を果たしたのを記念し、錦織をパッケージに使用したカップヌードルを発売した例がある。広報担当者は「具体的には未定ですが、同様のものも含め前向きに検討します」と話した。本人への優勝ボーナスについて安藤社長は「契約にある。守秘義務で言えないが準備している」と語った。

 話題のCMも再ブレーク必至だ。同社は5月下旬からホームページにCM動画「大坂半端ない編」を掲載。サッカーW杯日本代表大迫勇也(28)に関する名言のパロディーで、W杯での大迫の活躍で注目を集めた。今度は大坂本人の大活躍で再び熱い視線が注がれ、ネット上には「大坂半端ないって!」の言葉が躍った。

 同CM制作に携わり、この日声援を送ったHD宣伝部の東鶴千代さん(43)は「こうして半端なさを見せてもらい、作って良かったなと思う」と感慨深げ。元々ウェブ用のCMだが、テレビでの露出増や新パターンの制作も検討に入る。優勝シーンを使った豪華バージョンが見られる可能性もある。

 同社は北海道千歳市に工場があり、6日の地震による停電の影響で操業を一時停止。きょう10日の再稼働を目指している。そんな中での大坂の快挙。安藤社長は「明るさ、元気をくれた」と賛辞を惜しまなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース