吉川真司コーチ「あの時の衝撃は忘れられない」大坂をフェド杯代表でサポート

[ 2018年9月9日 21:01 ]

トロフィーを両手で掲げて優勝を喜ぶ大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 フェド杯代表コーチとして大坂が15歳の時からサポートしてきた吉川真司コーチも喜びひとしおだった。

 「いつかこうなると想像してきたが、現実になると実感がない。セリーナを完全にテニスで上回っていた」と驚きを込めて語った。

 東レ・パンパシフィック・オープンの予選に出ていた大坂を初めて見たのが5年前。「あの時の衝撃は忘れられない。パワー、体のしなやかさ、ゲーム性、世界でも見たことのない選手だった」とナショナル・トレセンの利用など日本協会としてできるサポートをしてきた。「やっぱり4大大会を取る選手だったんだ」と才能を開花させた姿に目を細めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース