大坂トップ10入り確定&最終戦出場にも大前進

[ 2018年9月9日 11:24 ]

トロフィーを両手で掲げて優勝を喜ぶ大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 4大大会初優勝によって大坂なおみ(20=日清食品)は初めて世界ランキングでのトップ10入りを決めた。2000ポイントを獲得し、10日付の最新ランキングでは19位から7位まで浮上する。

 4大大会など今季16大会の成績上位8人だけが出場できるツアー最終戦「WTAファイナルズ」(10月21〜28日、シンガポール)にも大きく前進。3月のBNPパリバ・オープンに続いてポイントの高いビッグイベントを制したことで、最終戦ランキングは15位から4位にジャンプアップして初出場が見えてきた。

 「次の東京(東レ・パンパシフィック・オープン)で勝ちたい。一歩ずつ進んでいくだけで、そんなに先のことは考えない」という大坂だが、S・ウィリアムズに完勝したこの日の強さ、そして今大会で示した精神面の成長は本物。今後は世界No.1の夢の実現にも挑むことになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年9月9日のニュース