須田ら日本勢の準々決勝進出ならず 女子サーフィン世界大会

[ 2016年10月22日 15:00 ]

女子サーフィンの世界大会「ホワイトバッファロー・ウィメンズ・プロ」でフロントサイドの波に板を当て込む須田
Photo By スポニチ

 女子サーフィンの世界大会「ホワイトバッファロー・ウィメンズ・プロ」(スポニチ後援)は22日、千葉県鴨川市の東条海岸で第2、第3ラウンドが行われ、準々決勝進出者8人が決まった。

 日本人選手は選手は第2ラウンドに12人が出場し須田那月、宮坂桃子、川合美乃里の3人が第3ラウンドに進出したが、惜しくも全員が準々決勝進出を逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月22日のニュース