平尾さん葬儀は近親者のみの家族葬に 神鋼はGM空位のまま…

[ 2016年10月22日 05:35 ]

ラグビー元日本代表の平尾誠二さん
Photo By スポニチ

 ラグビートップリーグの神戸製鋼は21日、同チームのゼネラルマネジャーで20日に53歳で亡くなった元日本代表監督の平尾誠二氏の葬儀・告別式について、近親者のみの家族葬を行うことが決まったと明らかにした。

 日時、場所は発表せず、香典は辞退する。死因についても遺族の希望で非公表とした。後日、ファンや関係者を対象としたお別れの会を開くかどうかは、遺族の意思を確認して決めるという。ゼネラルマネジャーは空位のまま今季を戦う。

 関西ラグビー協会は23日の第4節4試合全てで試合前に黙とうを実施することを発表。トップリーグも22、23日の第8節全会場で半旗を掲げ、黙とうをささげる。

 また、平尾氏の母校、同大は23日の関学大戦に向け、京都府京田辺市の大学グラウンドで練習。ロック山田有樹主将(4年)は「平尾さんのためにというわけではないが、日本一を獲りたいという気持ちがいっそう高まった」と同氏を擁して3連覇した84年度以来の全国制覇に目を向けた。今季は最後までユニホームの襟に喪章をつけて戦うことも検討されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月22日のニュース