バッハ氏に日体大が名誉博士号 体操・白井が花束渡す

[ 2016年10月22日 05:30 ]

<トーマス・バッハ会長 日体大名誉博士号授与式>白井健三(右)から記念の花束をもらうトーマス・バッハIOC会長
Photo By スポニチ

 バッハ会長が日体大から名誉博士号を授与された。東京都内のキャンパスで式典に出席し「五輪の精神を若い世代に広げる重要な役割を果たしている日体大に感謝する」と謝辞を述べた。

 式典には東京五輪組織委員会の森会長やアントニオ猪木参院議員も出席。リオ五輪の体操男子団体総合金メダリストで在校生の白井が花束を渡した。バッハ会長は「リオ五輪よりも多くのメダルを日本が獲れればと願う。他の国に知られると問題なので、ここだけの話だが」と笑いを誘った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月22日のニュース