NBAプレシーズン終了 ウォリアーズ、王座奪還へカリー35得点

[ 2016年10月22日 15:44 ]

35得点を挙げたウォリアーズのカリー(AP)
Photo By AP

 NBAは21日にプレシーズン・ゲームの全日程を終了。この日、トレイルブレイザーズを107―96(前半57―56)で下したウォリアーズが6勝1敗となり、全チームの中で最高勝率を収めた。ステファン・カリー(28歳)が3点シュートを13本中8本成功させて35得点を挙げれば、サンダーから移籍してきたケビン・デュラント(28歳)も28得点をマーク。得点王経験者を2人そろえるウォリアーズは2季ぶりの王座奪還を狙っているが、開幕前の予想ではすでに優勝候補の筆頭に挙げられている。

 前評判の高いティンバーウルブスは109―74(前半61―44)でホーネッツを退けて5勝2敗でプレシーズンの全日程を終了。昨季の新人王、カールアンソニー・タウンズ(20歳)は15分のみの出場ながら15得点と9リバウンドをマークした。タウンズは2メートル13のビッグマンながらフリースロー(FT)は7本全部成功。今プレシーズンでのFT成功率は88・9%に達しており、昨季の81・1%を上回っている。

 なおレギュラーシーズンの開幕は25日(日本時間26日=計3試合)で、ウォリアーズはスパーズと対戦。昨季王者でプレシーズンは2勝4敗だったキャバリアーズはニックスと顔を合わせる。

 <その他の結果>サンズ98―94レイカーズ、スパーズ114―99ロケッツ、76ers113―110ヒート、ウィザーズ119―82ラプターズ、ナゲッツ101―75マーベリクス

 <プレシーズンの成績>

 ▼東地区=セルティクス、ホークス(5勝2敗)、ニックス(4勝2敗)、ラプターズ、ウィザーズ(4勝3敗)、ヒート(4勝4敗)、ペイサーズ、バックス、ピストンズ(3勝3敗)、ブルズ、ホーネッツ(3勝4敗)、キャバリアーズ(2勝4敗)、76ers、マジック(2勝5敗)、ネッツ(1勝5敗)

 ▼西地区=ウォリアーズ(6勝1敗)、ロケッツ、ティンバーウルブス(5勝2敗)、グリズリーズ、スパーズ、サンズ(4勝2敗)、トレイルブレイザーズ(4勝3敗)、ナゲッツ(4勝4敗)、サンダー、ジャズ、クリッパーズ、キングス(3勝3敗)、マーベリクス(2勝5敗)、レイカーズ(2勝6敗)、ペリカンズ(1勝6敗)

 *海外クラブとの対戦も含む。

 <25日のカード>キャバリアーズ対ニックス、ウォリアーズ対スパーズ(この2試合はWOWOWで日本時間26日午前8時45分から生中継)、トレイルブレイザーズ対ジャズ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月22日のニュース