遼「バラバラ」後半乱れる 修正点模索中

[ 2016年10月22日 05:30 ]

米男子ゴルフツアーCIMBクラシック第2日 ( 2016年10月21日    マレーシア・クアラルンプールTPCクアラルンプール=7005ヤード、パー72 )

CIMBクラシック第2ラウンド、通算7アンダーで15位の石川遼。スコアを伸ばしきれず厳しい表情でホールアウト
Photo By 共同

 石川は前半こそショットとパットがかみ合って4バーディーを奪ったが、後半はティーショットが大きく乱れてパープレー。スコアを伸ばしきれず「あまり良くない。ショットのフィーリングがばらばら」と悩ましげだった。

 折り返しの10番では第1打が右の池を飛び越えて隣の9番ホールまで到達し「(コースを)設計した人もびっくりすると思う」と苦笑い。「今もどうやったらいい感触になるかなと考え中。やるべきことができれば伸ばしていけると思う」と修正点を模索していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年10月22日のニュース