サンウルブズ堀江主将「一丸で初勝利を」19日、秩父宮で第3戦

[ 2016年3月18日 15:53 ]

レベルズ戦に向け、練習するスーパーラグビー・サンウルブズの堀江

 南半球の強豪が集うスーパーラグビーに今季参入し、開幕から2連敗のサンウルブズは19日、東京・秩父宮ラグビー場でレベルズ(オーストラリア)と対戦する。18日は会場で約1時間の練習を行い、フッカーの堀江主将は「選手から(自主的に)声も出て、いい方向に進んでいる。チーム一丸となって勝ちを取りにいきたい」と初勝利へ決意を語った。

 練習は冒頭15分が公開され、選手は引き締まった表情で汗を流した。2013、14年にレベルズでプレーした堀江は熟知する相手との一戦に「いい選手が多い。(レベルズは)防御も整っているので、どこまで我慢強く攻められるか」と勝負の鍵を挙げた。

 前節はチーターズ(南アフリカ)に31―32で惜敗した。攻撃面で手応えをつかみ、ハメット・ヘッドコーチは「ここまでやってきたスタイルを継続し、早い展開に持ち込みたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年3月18日のニュース