田中内定にホッ「一番きれいな金色のメダルを」

[ 2016年3月18日 05:30 ]

リオデジャネイロ五輪の女子マラソン代表に内定し、会見にサプライズ登場したロンドン五輪代表の尾崎好美さん(右)から花束を渡された田中智美(中央)は、山下佐知子監督(左)とともに抱き合って記念撮影

リオ五輪マラソン代表発表

 田中は第一生命の山下佐知子監督と都内で会見し「内定という言葉を聞くまでそわそわして過ごしていた」と息をついた。

 14年横浜国際で優勝も、15年世界選手権の代表選考は落選。その失意を乗り越え「本気でメダルを狙う。一番きれいな金色がいいですね」と訴えた。今回の選考は“無風”だったが、選考レース4つで代表枠は3。山下監督は「少なくとも分母と分子を合わせるか、分子を少なくしてほしい」と陸連に注文した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月18日のニュース