谷口抜いた最年長36歳329日 石川天国の父に快走見せる

[ 2016年3月18日 05:30 ]

男子マラソンの五輪代表が決まりガッツポーズの石川

リオ五輪マラソン代表発表

 36歳の石川が五輪マラソン最年長出場を決めた。「泣きそうだった。五輪という夢の舞台で走るチャンスをつかめた」。

 昨年1月に父・秋信さんが64歳で他界。母・まり子さん(65)に電話で報告し「お父さんも喜んでくれるね」と激励され「(涙が出そうで)危なかった」と再び感極まった。96年アトランタ五輪の谷口浩美の36歳121日を超え、36歳329日で迎える夢舞台へ「衰えは感じていない。最低でも入賞」と訴えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年3月18日のニュース