オラサバル 健康問題でマスターズ欠場、過去2回優勝

[ 2016年3月18日 20:39 ]

 ゴルフのマスターズ・トーナメントを1994、99年と2度制したホセマリア・オラサバル(スペイン)が18日、ことしの同大会(4月7日開幕・米ジョージア州)を健康上の理由で欠場すると明かした。AP通信が伝えた。

 50歳のオラサバルは昨年のマスターズ第2ラウンドで予選落ちしたのを最後に大会には出場していない。パットの練習などはしているが、復帰できる段階ではないという。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年3月18日のニュース