リオ五輪マラソン展望 福士はメダル争い十分可能なレベル

[ 2016年3月18日 10:00 ]

リオ五輪の女子マラソン代表に決まった(左から)福士、田中、伊藤
Photo By スポニチ

リオ五輪マラソン代表発表

 世界のマラソン界を席巻するケニア、エチオピアの代表はまだ決定していないが、本番で最大のライバルになるのは間違いない。女子では名古屋ウィメンズを連覇し、昨夏の世界選手権で銅メダルを獲得したキルワ(バーレーン)は代表に決定済み。名古屋でも30キロからの急激なペースアップでリオデジャネイロ五輪代表の田中らを振り切り、勝負強さを見せた。

 日本勢では2時間22分17秒の自己ベストを持つ福士は、メダル争いが可能なレベルにある。田中、伊藤は入賞ラインから表彰台にどれだけ迫れるか。男子の3人は自己ベストの最速が佐々木の2時間8分56秒で、厳しいレースを強いられそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月18日のニュース