琴奨菊、連敗阻止!碧山を一蹴し1敗死守 稀勢、勢が6連勝

[ 2016年3月18日 18:02 ]

<大相撲春場所6日目>碧山(右)を突き落としで破る琴奨菊

大相撲春場所6日目

(3月18日 エディオンアリーナ大阪)
 大相撲春場所6日目は18日、エディオンアリーナ大阪で行われ、前日に悔しい黒星を喫した大関・琴奨菊は碧山と対戦。立ち合いの寄りから左に突き落とす危なげない相撲で完勝し1敗を守った。

 横綱大関陣で唯一、初日から全勝の稀勢の里は、栃煌山を一気に寄り倒して6連勝を飾った。豪栄道は高安を突き落としで下して5勝目。照ノ富士は琴勇輝の激しい寄りに屈し2敗目を喫した。

 4場所ぶり36度目Vを狙う横綱・白鵬は豊ノ島を押し出しで下した。鶴竜は栃ノ心を寄り切りで破り、それぞれ1敗をキープ。日馬富士は嘉風に引き落としで敗れ、2敗に後退した。
  
 平幕の逸ノ城が大栄翔に押し出しで敗れて初黒星を喫し、6日目を終えて全勝は稀勢の里、勢の2人だけとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年3月18日のニュース