伊藤 メダル獲得へ「2時間22分30秒が目標」

[ 2016年3月18日 05:30 ]

リオデジャネイロ五輪マラソン代表に決まり、握手を交わす佐々木悟(左)と伊藤舞

リオ五輪マラソン代表発表

 一足先に内定していた伊藤は代表選考をめぐるゴタゴタにも冷静。「私にはどうにもできないこと。できることを精いっぱいやるだけと思っていた」と語り、選考会も「ここで走ったらどんなレースができるか」をイメージして見ていたという。

 福士、田中は2年前のナショナルチーム合宿で同部屋だった仲。メダル獲得へ「2時間22分30秒が目標になる。そのタイムに近づけるように準備したい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年3月18日のニュース