北島 五輪選考会へ「自信持ち臨みたい」高地合宿から帰国

[ 2016年3月18日 21:46 ]

 競泳男子平泳ぎの北島康介(日本コカ・コーラ)が18日、スペイン・グラナダでの高地合宿から成田空港に帰国し、リオデジャネイロ五輪代表選考会となる4月4日開幕の日本選手権に向け「いいトレーニングができた。自信を持って臨みたい」と手応えを口にした。

 約3週間の合宿の終盤に40度近い熱を出したものの、精力的に泳ぎ込んだ。平井伯昌コーチは「足のかかりや泳ぎは抜群。出来自体はかなりいい」と太鼓判を押した。

 日本選手権で200、400メートル個人メドレーと200メートル自由形の3種目に出場する萩野公介(東洋大)も北島とともに合宿した。「順調にきているので楽しみ」と笑顔を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年3月18日のニュース