厳戒ATPファイナル テロの犠牲者悼み黙とうも

[ 2015年11月15日 23:31 ]

ATPツアー・ファイナル 錦織―ジョコビッチ

(11月15日 ロンドン)
 錦織とジョコビッチの試合前、パリ同時テロの犠牲者を悼んで1分間の黙とうがささげられた。錦織も右胸に喪章を付けて試合に臨んだ。

 ロンドンの会場は緊急で警備が強化され、厳重な態勢となった。飲食物の持ち込みが禁じられるなど、例年とは違った緊張感が漂った。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月15日のニュース