ヤマハ発VSトヨタ完売もまた空席 1・2万人見込みも雨原因か

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<ヤマハ・トヨタ>チケットは完売

ラグビートップリーグ第1節第2日 ヤマハ発動機18―11トヨタ自動車

(11月14日 パロマ瑞穂ラ)
 前売り完売ながら1万人もの空席ができた13日の開幕戦(パナソニック―サントリー)に続き、真っ先に完売が発表されていたヤマハ発動機―トヨタ自動車も満員とはならなかった。メーンスタンドに若干、バックスタンドもトヨタ自動車応援団の横に空席ができ、キャパシティーの問題はあるものの、この日の3会場で最も少ない8676人(秩父宮1万1085人、花園8774人)だった。

 日本ラグビー協会によると、完売した一般発売分は4000枚。トヨタ自動車、ヤマハ発動機、豊田自動織機の中部圏の3チームに計7000枚を割り当て、NEC(200枚)やスポンサー配布分などと合わせ最大1万2000人の来場見込みだったという。日本協会の太田治トップリーグ委員長は雨を原因に挙げたほか、「各チームで予定していた動員数より1000人ずつ少なくなってしまった」と説明。安全面を考慮して早めに当日券なしの判断をした面もあるとし、「今後は前売り情報をよく見極めて当日販売もやっていきたい」と改善を約束した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月15日のニュース