条治復帰戦振るわず16位  及川6位、羽賀10位

[ 2015年11月15日 05:30 ]

W杯第1戦の男子500メートルで16位に終わり、スケート靴を脱ぐ加藤条治

スピードスケート W杯第1戦

(11月13日 カナダ・カルガリー)
 13日、カルガリーで開幕し、2季ぶりに復帰した加藤条治(日本電産サンキョー)は男子500メートルで34秒95の16位と振るわなかった。

 パベル・クリズニコフ(ロシア)が34秒11で勝ち、及川佑(大和ハウス)は34秒58で6位、羽賀亮平(日本電産サンキョー)は10位。女子500メートルで昨季種目別総合優勝の小平奈緒(相沢病院)は38秒01で11位に終わった。辻麻希(開西病院)は37秒62で7位、神谷衣理那(高堂建設)は8位だった。女子3000メートルは菊池彩花(富士急)が4分8秒03で14位、高木菜那(日本電産サンキョー)は16位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月15日のニュース