ウォリアーズ開幕11連勝!カリー34得点、グリーンはトリプルダブル

[ 2015年11月15日 16:47 ]

34得点を挙げ勝利に貢献したカリー(AP)

 NBAは14日に各地で7試合を行い、王者ウォリアーズは地元オークランドで延長の末にネッツを107―99(前半52―54、延長10―2)で振り切って開幕11連勝。第1Qで21―36とされたが、第4Q残り5・9秒に昨季ファイナルのMVPアンドレ・イグダーラ(31)が3点シュートを決めて追いつき、ステファン・カリー(27)も34得点を挙げて勝利に貢献した。ドレイモンド・グリーン(25)は16得点12アシスト10リバウンドでトリプルダブルを達成。

 不振のネッツはガードのジャレット・ジャック(32)が今季自己最多の28得点を挙げたものの“金星”を逃して1勝9敗となった。なおウォリアーズは今後、ラプターズ(17日)→クリッパーズ(19日)→ブルズ(20日)と顔を合わせる。

 キャバリアーズは敵地ミルウォーキーで再延長の末にバックスに105―108(前半44―50、延長8―8、再延長9―12)で敗れて連勝は8でストップ。8勝2敗となって、39年ぶりの開幕10戦9勝はならなかった。

 レブロン・ジェームズ(30)は37得点を挙げたものの、フリースローは12本中6本を失敗。再延長では残り3分15秒から無得点に終わった。ケビン・ラブ(27)は24得点14リバウンドをマーク。NBAデビューから通算449試合目で300回目のダブルダブルを達成した。

 勝ったバックスは5勝5敗。ベンチから出たジェリード・ベイレス(27)が17得点を稼ぎ、103―102で迎えた再延長の残り1分53秒にはベネズエラ出身のグレイビス・バスケス(27)が3点シュートを決めて勝利をものにした。

 スパーズは地元サンアントニオで76ersを92―83(前半43―40)で退け、4連勝で7勝2敗。敗れた76ersは開幕10連敗となり、昨季から通算で20連敗を喫した。

 <その他の結果>

ウィザーズ(4勝4敗)108―99マジック(5勝6敗)、マーベリクス(6勝4敗)110―98ロケッツ(4勝6敗)、クリッパーズ(6勝4敗)101―96ピストンズ(5勝4敗)、サンズ(5勝4敗)105―81ナゲッツ(5勝5敗)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年11月15日のニュース