舛ノ山必死4勝目 「母に捧げる」平幕異例の自伝も出版 

[ 2014年1月19日 05:30 ]

翔天狼(右)を突き落としで破る舛ノ山

大相撲初場所7日目

(1月18日 両国国技館)
 右膝負傷からの休場明けで再起をかける舛ノ山が、翔天狼を突き落として白星先行となる4勝目を挙げた。平幕力士では異例の自伝を23日に発売することも決定。大きく負け越せば十両陥落となる西前頭14枚目で必死の土俵を続けている。横綱・白鵬は豊響を左上手投げで退け、7戦全勝。大関・鶴竜、平幕・松鳳山、遠藤の3人が1敗で追っている。

 なりふり構っていられない。舛ノ山は自らの代名詞でもある“全身ぶちかまし”を封印した。立ち合い直後に左からの突き落としに出て、翔天狼を土俵にはわせた。「低く来られて、とっさに反応した。自分の相撲を取るとか言っていられない」。内容には満足していないが、4勝目をプラスに捉えた。

 愛らしい顔から、苦渋の言葉がにじみ出た。九州場所で痛めた右膝は、今も悲鳴を上げている。冬巡業は全休。関取衆との申し合いもできなかった。それでも強行出場を決めたのは、十両陥落を最愛の母、マリア・クリスティーナさんに見せたくない一心だった。

 23日には初の自伝「母に捧(ささ)げた運命の土俵」(竹書房、1365円)が上梓(じょうし)される。平幕力士の自伝は、最近では高見盛(現振分親方)が出しているだけで異例と言える。舛ノ山は「母に感謝している言葉が入っている」とはにかんだ。中学時代に両親が離婚し、母の故郷フィリピンに移住。女手一つで育ててくれた姿を見て、角界で稼いで親孝行しようと決意。その思いは今も全く変わらない。

 膝の状態は芳しくない。「最初はシャワーで温めて、それから冷やす」と言うように、入念なケアを続けている。就寝時も膝に負担がかからないように枕を足に挟んだり、うつ伏せで寝たりと試行錯誤を繰り返している。それも全て、マリアさんの存在があるからこそだ。今場所に限ってはファンが求める舛ノ山らしい相撲を捨てても、貪欲に勝ち越しを目指していく。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年1月19日のニュース