トップリーグ4強決定!神戸製鋼がプレーオフ進出

[ 2014年1月19日 17:41 ]

 ラグビーのトップリーグ第2ステージは19日、神戸市のノエビアスタジアム神戸などで最終節最終日の4試合が行われ、上位8チームによるA組は神戸製鋼が38―36で東芝に競り勝って4勝3敗の勝ち点24とし、パナソニック、サントリー、東芝に続き、プレーオフ進出を決めた。

 パナソニックはNECを27―15で下し、7戦全勝の勝ち点36でA組1位が決定。2位サントリー、3位神戸製鋼、4位東芝となった。プレーオフ準決勝はパナソニック―東芝、神戸製鋼―サントリーの組み合わせ。

 下位8チームによるB組は九州電力が最下位となり、下部リーグへの降格が決まった。NTTコミュニケーションズとコカ・コーラウエスト、NTTドコモは入れ替え戦に回る。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月19日のニュース