暁斗 後半伸ばせず7位 W杯複合個人第11戦

[ 2014年1月19日 05:30 ]

7位の渡部暁

 ノルディックスキーのW杯複合個人第11戦が18日にオーストリア・ゼーフェルトで行われ、渡部暁斗(北野建設)は7位だった。

 3日間の総合成績を争う新方式「トリプル」の第2戦を兼ね、第1戦のゴール時のタイム差によってこの日の前半飛躍(HS109メートル、K点99メートル)の得点が差し引かれた。17日は26秒0差の7位だった渡部暁は6.5点が減点され、首位と1分11秒差の7位で迎えた後半距離(10キロ)で順位を上げられなかった。エリック・フレンツェル(ドイツ)が第10戦に続いて優勝し今季5勝目を挙げた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月19日のニュース