サントリー POに弾みの勝利 相手ミスにも助けられた

[ 2014年1月19日 05:30 ]

<サントリー・ヤマハ発動機>サントリーのニコラス(右)が後半33分にヤマハ発動機ピウタウの突破をタックルで止める

ラグビー トップリーグ最終節第1日 サントリー22―19ヤマハ発動機

(1月18日 秩父宮)
 サントリーは薄氷の勝利も、プレーオフトーナメント(PO)に弾みを付けた。

 前半は主導権を握り、13―0で折り返し。後半6分にフッカーの青木が故意の反則で10分間の退場処分となり防戦一方となったが、最後は相手の戦術ミスに助けられた。3連覇の懸かるPOに向け、大久保直弥監督は「疲れた試合でした。でも勝てたのはうれしいし、さらに鍛えてPOに臨みたい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月19日のニュース