藤井寛、若宮組 準々決勝で敗れ5連覇ならず

[ 2014年1月19日 17:43 ]

全日本選手権最終日

(1月19日 東京体育館)
 5連覇に挑戦した藤井寛、若宮組は準々決勝で力尽きた。今大会限りでの引退を表明した31歳の藤井寛は有終の美を飾れず「終わってしまったという実感がない。やはり優勝したかった」と悔しがった。

 2009年から本格的にペアを組み、10年広州アジア大会銅メダル、11年と13年の世界選手権8強と結果を残してきた。24歳の若宮が「すごく頼りになる存在でした」と涙ながらに感謝の言葉を述べ、藤井寛は「若宮は次がある。頑張ってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2014年1月19日のニュース