ソチ五輪用練習拠点はアルメニア首都エレバンに

[ 2013年5月30日 06:00 ]

 ソチ冬季五輪のフィギュアスケートで日本代表が大会前や期間中に調整する独自の練習拠点として、日本スケート連盟がアルメニアの首都エレバンを選んだことが29日、分かった。日本連盟の関係者によると、9月初めに浅田真央(中京大)、高橋大輔(関大大学院)ら特別強化選手対象の合宿を行う計画もあり、当該選手の意向を確認する。

 五輪開催国のロシアや近隣のトルコも候補に挙げていたが、(1)ソチと時差がなく気候も似ている(2)飛行機で約1時間半と至便(3)五輪会場と質の近い氷――の条件が決め手になったという。初採用の団体終了後に女子ショートプログラムまでは9日間も空くため合宿地確保が懸案となっていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年5月30日のニュース