加藤「出るからには金」 長島「ハングリー」に巻き返し誓う

[ 2013年5月30日 17:46 ]

 来年のソチ冬季五輪で金メダルを狙うスピードスケート男子500メートルの加藤条治、長島圭一郎らが所属する日本電産サンキョーが30日、長野県下諏訪町でウエートトレーニングなどの練習を報道陣に公開し、加藤は「出るからには金メダルを目指すのは当然」と抱負を語った。

 前回五輪で銅メダルを取った加藤は来シーズン後半の五輪を意識し、例年より遅めに始動したという。笑みも見せながら軽めのメニューをこなし「(精神的に)自分を追い込みすぎず、リラックスしてやっていきたい」と、出れば3度目となる五輪をにらんだ。

 五輪銀メダリストの長島は3月の世界距離別選手権出場を逃すなど、このところ不調。「ことしはハングリーさが違う。金メダル目指して頑張りたい」と巻き返しを誓った。今村俊明監督は「金を含む複数のメダルを必ず達成したい」と宣言した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年5月30日のニュース