石川遼「パットでリズム乱した」 大崩れ77も57位で突破

[ 2013年3月23日 08:06 ]

通算2オーバーで予選を通過した石川遼

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は22日、米フロリダ州オーランドのベイヒル・クラブ(パー72)で第2ラウンドを行い、5位で出た石川遼は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの77と崩れたが、通算2オーバー、146の57位で予選を通過した。

 石川は第1ラウンドで好調だったパットから乱れ、「リズムを自分で乱してしまった」とガックリ。8番では1メートル弱のパーパットを外し、続く80センチもカップにけられてダブルボギーとし、「単に押し出したり、引っかけたり。ストロークにばらつきがある」と振り返った。

 前日首位のジャスティン・ローズ(英国)と、この日66で回ったビル・ハース(米国)が通算9アンダーの135でトップ。タイガー・ウッズ(米国)は70で回り、4打差の7位となった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年3月23日のニュース