白鵬14連勝!全勝Vへ王手 日馬富士は5敗目

[ 2013年3月23日 19:05 ]

日馬富士が押し倒しで稀勢の里に敗れる

 大相撲春場所14日目は23日、ボディメーカーコロシアムで行われ、前日に優勝を決めた横綱白鵬は大関鶴竜を寄り切り、14連勝とした。千秋楽に単独史上最多となる9度目の全勝優勝を目指す。鶴竜は8勝6敗になった。

 横綱日馬富士は大関稀勢の里に押し倒され、5敗目を喫した。稀勢の里は9勝目。大関琴奨菊は松鳳山を寄り切って勝ち越しを決めた。

 関脇豪栄道は隠岐の海を寄り切り、北太樹を肩透かしで退けた小結栃煌山とともに9勝目を挙げた。十両は東龍が2敗で単独トップ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年3月23日のニュース