有村 “池ポチャ”ダボも4バーディー奪い「手応え」

[ 2013年3月23日 06:00 ]

USLPGAツアー 起亜クラシック第1日

(3月21日 米カリフォルニア州カールズバッド アビアラGC=6593ヤード、パー72)
 有村は最後の“池ポチャ”を悔やんだ。18番パー4で残り158ヤードの2打目をグリーン右の池に落として痛恨のダブルボギーとした。アンダーで回っていながら、1オーバーに落とし「大きなミスをした。当たりが薄くて右に出てしまった」と嘆いた。

 それでも、4バーディーを奪ったこともあり「だいぶイメージはできてきた。手応えは感じた」と前向きだった。

 ▼57位・宮里美香 悪くない。パットさえ入ればという感じ。フラストレーションをためず気持ちをコントロールしたい。(3番パー3でダブルボギーを叩くなど消化不良の73)

 ▼57位・上原彩子 パットで苦しんだ。ラインが読めないのもあったし、タッチも合っていなかった。本当にパターだけ。(グリーン上で苦戦し1オーバー)

 ▼95位・上田桃子 8番で1メートルのチャンスを逃し、9番で3パットしてから、後半は迷いが出てラインが読めなくなった。(前半は35も後半に失速し75)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年3月23日のニュース