住吉14位、小平は16位 スピード世界距離別選手権

[ 2013年3月23日 22:08 ]

 ソチ冬季五輪のテスト大会を兼ねたスピードスケートの世界距離別選手権第3日は23日、ロシアのソチで行われ、女子1000メートルで住吉都(堀技研工業)は1分17秒76の14位、小平奈緒(相沢病院)は1分18秒11の16位だった。

 オリガ・ファトクリナ(ロシア)が1分15秒44で初優勝した。神谷衣理那(大洋薬品)は1分19秒31で19位だった。

 同5000メートルは穂積雅子(ダイチ)と石野枝里子(日本電産サンキョー)が出場する。日本勢が出場できなかった男子1万メートルはヨリット・ベルグスマ(オランダ)が12分57秒69で制した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年3月23日のニュース