田中理事「辞める 全柔連も全てのうみを出すしかない」

[ 2013年3月23日 06:00 ]

 【全柔連・田中理事と一問一答】

 ――助成金を受け取り続けた理由は

 「ずっとおかしいと思っていたが、全柔連が組織としてやっていたことだし、声を上げることはできなかった。全額返還するし、理事職を辞める。全柔連も全てのうみを出すしかない」

 ――活動報告書にはどのように記載したのか

 「全柔連の事務局に書き方を教えてもらった。国際大会の選手の反省文とかを読んで(虚偽の報告書を)書いた」

 ――助成金の使い道は

 「3カ月ごとに30万円を受け取ったが、10万円は全柔連に渡していた。残りは気味が悪いのでそのままにしている」

 ▽全柔連の会計規模 11年度の決算報告書によると、会費の約2億7000万円などで収入は約12億9400万円。大会運営費など支出は約12億5700万円で約3700万円の黒字を計上している。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年3月23日のニュース