大相撲春場所 5年ぶりに大入り2桁へ

[ 2013年3月23日 20:38 ]

大相撲春場所14日目

(3月23日 ボディメーカーコロシアム)
 大阪市のボディメーカーコロシアムで開催されている大相撲春場所で、大入りが10日間になることが23日、確実となった。本場所の大入りが2桁に乗るのは2008年春場所以来で28場所ぶり(11年5月の技量審査場所を除く)。

 14日目の同日、今場所9度目の満員御礼の垂れ幕が下がり、24日の千秋楽も決定的。初日の大入りの後は2日目から6日目まで途切れたが、7日目から満員御礼が続き、昨年春場所の9日間も上回ることになる。

 北の湖理事長(元横綱)は「白鵬が全勝で来ているからね」と話し、既に賜杯獲得を決めた白鵬が優勝争いを引っ張ったことを集客増の要因に挙げた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年3月23日のニュース