父の母国で表彰台 日野「うれしい気持ちでいっぱい」

[ 2012年12月7日 20:41 ]

ジュニア男子フリーで演技する日野龍樹

フィギュアスケート ジュニアGPファイナル第2日

(12月7日 ソチ)
 粘りの滑りで銅メダルを射止めた。ジュニア男子でSP4位につけた日野が、フリーで自己ベストを5・93点更新。合計得点では4位とわずか0・60点差で3位に食い込み「信じられない。うれしい気持ちでいっぱい」とはにかんだ笑顔を見せた。

 序盤の3連続ジャンプが2連続にとどまったが、最後に予定していた単発のジャンプを3連続にして得点を稼いだ。ソチ入りしてから不調だったが、父セルゲイさんの母国ロシアで開かれた大舞台で表彰台に立った17歳のホープは「満足です。こんな(高い)得点が出るとは思っていなかった」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年12月7日のニュース