自信深めるワグナー 首位の浅田とは0・52点差

[ 2012年12月7日 22:56 ]

フィギュアスケート GPファイナル

(12月7日 ロシア・ソチ)
 今季GP2戦2勝のワグナーはジャンプ、スピン、ステップとほぼ完璧な演技。浅田とわずか0・52点差の2位につけ、演技を終えると納得の笑みを見せた。

 3年ぶり2度目のファイナル出場となった今季は「これまでで最高のシーズン」と自信を深める。この日のSPの演技を「きれいに技を決められ、安定感のあるリスクの少ないプログラム」と説明。SPとフリーの合計得点では今季世界最高をマークしているだけに、初優勝を十分狙えそうだ。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年12月7日のニュース