ジュニアGPファイナル 女子の宮原はSP5位と出遅れ

[ 2012年12月7日 07:57 ]

ジュニア女子SPで5位の宮原知子

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル第1日は6日、ロシアのソチで行われ、女子ショートプログラム(SP)で初出場の14歳、宮原知子(大阪・関大中)は49・60点で5位と出遅れた。13歳のエレーナ・ラディオノワ(ロシア)が60・90点で首位に立った。

 男子SPは日野龍樹(愛知・中京大中京高)が自己ベストの67・55点で4位、田中刑事(岡山理大付高)は61・74点で5位につけた。ジョシュア・ファリス(米国)が74・53点でトップ。

 男子フリーは7日、女子フリーは8日に行われる。

 ▼宮原知子の話 今までで一番緊張した。3回転―3回転(のジャンプ)を失敗したのは残念だけど、他のところはきっちりできて良かった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年12月7日のニュース