八木かなえジュニア日本新!重量挙げ女子53キロ級

[ 2012年12月7日 20:42 ]

重量挙げの全日本大学対抗女子選手権53キロ級で、ジュニア日本新記録をマークした八木かなえ

 ロンドン五輪重量挙げ女子代表の八木かなえ(金沢学院大)が7日、さいたま市記念総合体育館で行われた全日本大学対抗女子選手権の53キロ級に出場し、トータル197キロのジュニア日本新記録で優勝した。

 ジャークでも三宅宏実(いちご)が2005年にマークした111キロのジュニア記録を2度目の試技で1キロ更新し、「すごくうれしい。三宅さんの記録を目標にしていたからここまで頑張れた」と誇らしげに話した。

 五輪48キロ級銀メダリストの三宅が53キロ級に戻す来年の全日本選手権では初の直接対決が実現する見通し。20歳の成長株は「どこまで近づけるか挑戦したい」と意気込んだ。

 48キロ級は五輪6位の水落穂南(平成国際大)が制した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年12月7日のニュース