日野3位、田中は6位/ジュニアGPファイナル

[ 2012年12月7日 19:53 ]

ジュニア男子フリーで演技する日野龍樹

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナル第2日は7日、ロシアのソチで行われ、前日の男子ショートプログラム(SP)で4位の日野龍樹(愛知・中京大中京高)がフリーで3位となり、自己ベストを更新する合計198・92点で3位に入った。

 SP5位の田中刑事(岡山理大付高)はフリーも得点が伸びず、174・55点で6位だった。マキシム・コフトゥン(ロシア)が222・31点で初優勝した。

 ▼日野龍樹の話 (3位に)信じられない。うれしい気持ちでいっぱい。アドレナリンは出ていたが、気持ちの高まりをコントロールしながらできた。

 ▼田中刑事の話 全く力を出し切れず、悔いが残る。3回転半ジャンプのミスを引きずってしまった。調子が悪い中でもジャンプを跳べないといけないことを学んだ。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年12月7日のニュース