申ジエが単独首位 佐伯三貴が2位に浮上 3位にアマの比嘉

[ 2012年4月7日 17:41 ]

 スタジオアリス女子第2日(7日・兵庫県花屋敷GCよかわ=6483ヤード、パー72)首位と1打差の3位から出た申ジエ(韓国)が68で回り、通算6アンダーの138で単独首位に立った。

 前日7位の佐伯三貴が69をマークして2打差の2位に浮上した。さらに1打差の3位で前日首位のアマチュア、比嘉真美子(沖縄・本部高出)が続いた。

 有村智恵は通算2オーバーの15位につけ、横峯さくらは32位。6オーバーまでの56人が決勝ラウンドへ進み、上田桃子は予選通過ラインの45位にいる。(出場105選手=アマ6、曇り、気温7・2度、北北西の風5・7メートル、観衆7486人)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月7日のニュース