ウッズ悪戦苦闘 パープレーにまとめるのが精いっぱい

[ 2012年4月7日 06:00 ]

マスターズ第1日

(4月5日 ジョージア州オーガスタ オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)
 7年ぶり大会5勝目を狙うウッズはパープレーにまとめるのが精いっぱいだった。

 出だしの1番と2番はパーセーブしたものの、いずれも1打目を左の林に曲げる乱調。その後、2アンダーまで伸ばしたが、最後の2ホールで再びショットを左に曲げて2連続ボギーと崩れた。それでも、「ひどいショットが続いたが、我慢強くできたのは良かった」と首位と5打差にとどめたことには前向き。「バックスイングで以前の悪い癖が出た。なんとか調整したい」と練習場に直行した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月7日のニュース