入江 全体1位で決勝進出「まずまずだと思う」

[ 2012年4月7日 06:00 ]

<競泳日本選手権 男子200M背泳ぎ>決勝進出を決めた入江陵介

競泳ロンドン五輪代表選考会兼日本選手権第5日

(4月6日 東京辰巳国際水泳場)
 男子200メートル背泳ぎ準決勝で世界選手権2大会連続銀メダルの入江は、1分56秒16の全体1位で通過し「思っていたより前半が遅かったが、トータルのタイムとしてはまずまずだと思う」と納得の表情を見せた。

 ラスト50メートルでペースを落とす余裕を見せながらも、2位以下には1秒以上の大差をつけた。決勝へ向け「まだ全然上げられる。いい結果で決めたい」と力を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月7日のニュース