松山 2年連続決勝Rへ 途中ドキドキのトリプルボギー「どうしようと…」

[ 2012年4月7日 09:22 ]

第2ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹

 男子ゴルフのマスターズ・トーナメントは6日、オーガスタ・ナショナルGCで第2ラウンドを行い、松山英樹(東北福祉大)は74で通算1オーバーとし、決勝ラウンド進出を確実にした。

 2年連続予選通過となった松山は「ほっとしています」と安堵の表情。予選カットラインは首位と10打差と知らなかったといい「イーブンパーだと思っていた。9番でトリプルボギーを打って、どうしようと思った」と、ドキドキの予選通過だったようだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月7日のニュース