内田22位で引退発表 自由形09年「世界」4位

[ 2012年4月7日 06:00 ]

 09年世界選手権男子自由形200メートル4位の内田翔(24=群馬ヤクルト)が200メートル個人メドレー予選22位で敗退し「水泳人生最後のレースでした。悔いは残っていない」と現役引退を宣言した。

 前日の200メートル自由形でも7位でリレーメンバー入りを逃し、2大会連続の五輪出場はならなかった。「09年にフェルプスの隣で泳げた。凄くいい思い出です」とスッキリした表情で振り返った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年4月7日のニュース