マーベリクス 31シーズン目の初優勝

[ 2011年6月13日 11:53 ]

初のリーグ制覇を果たし、優勝トロフィーを掲げるマーベリクスのノビツキー

 米プロバスケットボールのNBA決勝(7回戦制)第6戦は12日、フロリダ州マイアミで行われ、マーベリクスが105―95で地元のヒートに快勝して通算成績を4勝2敗とし、リーグ加入31シーズン目で初の王者に輝いた。マーベリクスは1勝2敗からの3連勝で、エースのノビツキーが決勝の最優秀選手に選ばれた。

 マーベリクスは絶好調のテリーがノビツキーの不調をカバーし、前半を終えて53―51とリード。ノビツキーが調子を上げた後半に点差を広げ、危なげなく逃げ切った。テリーは両チーム最多の27得点、ノビツキーは21得点。5年ぶり2度目の優勝を目指したヒートはジェームズが21得点したが、終盤に焦りが見えた。

 ▼ノビツキーの話 優勝は最高だ。信じられない。うちはベテランのチームだが、シーズンを通して信頼し合ってお互いをカバーした。きょうはリズムに乗れなかったが、チームメートが支えてくれた。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース