菊谷らパシフィック杯日本代表30人を発表

[ 2011年6月13日 19:02 ]

 日本ラグビー協会は13日、パシフィック・ネーションズカップ(7月・東京など)に出場する日本代表として主将のFW菊谷崇(トヨタ自動車)ら30人を発表した。FW西原忠佑(パナソニック)とニュージーランド出身のSOマリー・ウィリアムズ(豊田自動織機)が初めて選ばれた。

 7月2日に東京・秩父宮ラグビー場でサモアと、フィジーで9日にトンガ、13日にフィジーと戦う。

 6月26日には、秩父宮でトップリーグ選抜と東日本大震災の復興支援を目的に慈善試合を行う。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年6月13日のニュース